建築士は働きながらでもなれます。 そもそも、建築業界で働きたいだけなら、資格は必要ありません。 無資格でも十分働くことはできます。 ただ、建築士として活躍するには資格が必要となるので、試験に合格する必要があります。 受験資格は最終学歴や受ける資格によって異なりますが、実務経験がないと受けられない場合もあるので、働きながら資格取得を目指している人も多いです。 大学や短大、高専の建築学科を卒業している人なら、比較的早めに建築士になることができるかもしれません。 でも、建築関係の学校を卒業していない人や中卒の人の場合だと、長期間の実務経験が必要となってしまうので、建築士になるまでにはかなりの時間がかかるでしょう。 そのため、建築に関する知識がない人が建築士になるには、根気が必要になってきます。 働きながら建築士を目指すなら、毎日コツコツ勉強するのが大切です。 仕事が終わってからの勉強なので、疲れてくたくたになっているかもしれませんが、そこで妥協してしまうといつまで経っても資格を取得できません。